読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

水景に魅せられて

お酒やアクアリウムなど

ピュア ケンタッキー バーボン

うららかな春の光が眩しい土曜日。

昼間は夏の匂いも感じられる季節だが、今は朝7時。

爽やかな風が昨日までのイライラを流してくれそうだ。

 

佳代は港町の自動車部品の工場に今年の春から事務として働くため引っ越してきた。
30歳で叔父に勧められた人とお見合いをし、そのまま結婚。5年間の専業主婦を行い晴れて自由の身となり、車で3時間ほど離れたこの港町に1人で住むこととなった。

 

土曜日というのに早起きをして化粧をしているのは今日は田島とデートをする日だからだ。
取引先の営業マンの田島は佳代の事務所にたまに顔を出す程度だが、仕事パソコンのメールから始まった2人のやり取りはすぐに携帯のメールに代わり、2人で飲みに行くようになった。

異性に奥手な佳代は少し強引な田島の誘いに初めは戸惑ったが、田島とは酒の好みも合い、話もよく弾んだ。
週末、田島の仕事が終わるのを待って少し遅めの居酒屋へ。

2人はビールを飲みながら毎回色々な話をした。

仕事のこと、

この港町のこと、

佳代の地元のこと、

佳代の元結婚相手のこと、

田島はこの港町で産まれ一度も出ることなく結婚して、7歳の子供もいることも。


それから少し酔った2人は決まっていつものレストランへ行き、ウイスキーを2杯飲んで帰る。

もう5回もこのコースを回った。


いつも田島からは

「地鶏が人気の焼き鳥屋があるから今週行かないか?」

などお店紹介のようなお誘いメールがくる。

しかし今日は、

「土曜日、朝からドライブに行こう」

というお誘いだった。

田島との初めての昼間のデートのお誘いは佳代を久しぶりにドキッとさせた。

2日前から何を着て行こうか考えていた自分に驚いた。

朝8時半、田島が迎えに来た。

爽やかな水色の薄手のニットにデニムのパンツ。

初めて見るカジュアルな服装は日焼けした田島によく似合っていた。

いつもと違う状況に少し照れながらスポーツタイプの車の助手席に滑り込んだ。


「ちょっと遅いけど見てみたい景色があるんだ」

田島の運転する車は高速をに乗り豊川で寄り道のため一度高速を降りる。

高速を降り15分ほど走って車を停めた。

少し遅い菜の花と桜が咲いている気持ちの良い川沿いだ。

f:id:suikeinimiserarete:20170420115642j:image

「春を詰め込んだような景色だろ」

似合わないセリフに笑った。

また高速に乗り海沿いを走った。

車内では色々な音楽を聴いた。

なかでも佳代が昔よく聞いていた少しマイナーなロックバンドのCDがあり、2人は大声で歌った。
柔らかな太陽も沈み2人はいつものように居酒屋で乾杯をした。

 

佳代は久しぶりに恋心が芽生えて来たのを必死で抑えた。

田島は佳代を幸せにはしてくれない。

分かっている。

田島は佳代を手に入れたいと思っている。

分かっている。

このまま抱かれて不倫になだれ込むのは佳代にとってマイナスになる。

分かっている。

でも好き。

分かっている。

 

もし、抱かれたらもうこんな風には会えなくなるだろう。

 

今日も2件目はいつものレストランへ。

カウンターバーのあるこのレストランは田島と2人で歩いていてたまたま見つけて、それ以来毎回来ている。

「いらっしゃいませ」

いつものケンが笑顔で待っていた。

ここでは、田島と一緒のものをいつも頼んでいる。

「今日はバーボンをロックでもらおうかな」

「わかりました。どんな気分ですか?」

「充実した1日の締めに少し強めの美味しいのがいいな」

「いいのがあります」

注文した田島に笑顔で答えたケンは後ろを向き、ボトルを取り出し、2人の前に置いた。

「ピュア ケンタッキー」と言います。

大ぶりの氷に注がれた液体は深く澄んだ色をしていた。

佳代は乾杯をし、深く澄んだ液体に鼻を近づけた。

しっかりとしたアルコールの香りがあるが鼻の奥を刺激するような尖ったものはなく長年樽の中で眠っていたような穏やかな緩やかな酒だった。

氷の隙間から口の中へ少しだけ滑らせて見た。

「うまい」

思わず出た言葉はストレートな表現だった。

穀物の甘みの中に無機質な無骨さを感じるバーボンは見た目通り深く澄んでいた。


 

 美味しさにつられついつい飲んでしまう。

いつもは2杯で帰るのだが、今日は時間も早く、お代わりをした。

昼間の楽しかった時間をもう一度話し、2人で笑った。

お代わりをした。

お酒に強い佳代だが流石に酔ったみたいだ。

 

分かってる。

田島とまた一緒にこんな風に飲みたい。笑いたい。

このまま帰ったらきっと2人の関係は変わらずいれる。

分かってる。

 

田島も酔ったみたいで、いつもよりカラダの距離が近い。佳代も田島に近づいた。

膝が触れた。軽く押し返してくる田島。

会話が途切れ、

「行こうか」と田島。

「うん」と頷いた。

分かってる。

 

ケンは、

「ありがとうございました。またお待ちしてます」

と笑顔で送ってくれた。

 

でも

たぶんもう来ない。

同じ関係には戻れないから。

 

分かっているんだけど…

 

夜になり少し冷たい風のせいにして田島と手を繋いだ。

 

 

 

侘び草ビオトープ

時はきた

 

あったかい

 

あったかすぎる

 

サカナたちも外ばっかり見ている

 

 うん、出そう

 

 

ちょうど一年前始めたプランタービオトープ

玄関先に作ったオアシス。

冬の間はかわいそうに思えて家の中へ。

そろそろ出しましょか。

去年は赤玉土ウォーターマッシュルームを直植えしてプランターを侵された。

f:id:suikeinimiserarete:20170414162920j:image

水中ではモスも繁茂し狭〜〜くなっていた。

今年は去年を教訓として、プランタービオトープの計画を立ててみよう。

プランターの幅は75センチある。 

 

泳いでいるもの

・メダカ

アカヒレ

・青コリドラス

・シマドジョウ

ミナミヌマエビ

 

今年の計画

・玄関なので見た目重視

・直射日光が当たるので暑さ対策

・泳ぐスペースを確保

・自然繁殖出来る

 

まず暑さ対策として

タイルの床が熱を持つのでコンクリートブロックをプランターの下に敷く。

プランターを2つ重ねて周りをスダレで囲う

 

泳ぐスペースを確保するために

ウォーターマッシュルームを引っこ抜く。

根っこがすんごくてほぼ土ごと取れた。

ウィローモスも出来るだけ取る。

だいぶ土が減ったのでコリドラスとドジョウのために半分砂場にする。今回は口で砂をほじくるのに痛くないように角がない滑らかな砂を使った。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ボトムサンド 1kg【コリドラスやローチに・ボトムサンド】
価格:262円(税込、送料別) (2017/4/15時点)


 

見た目のために初めて買ったADA侘び草

針金で水面に浮かべたので水の中はスペースが生まれた。

どれくらい大きくなるのか楽しみだ!

f:id:suikeinimiserarete:20170415041321j:image

 

 

 

 

花見のワイン

「週末花見するぞ!明日から暖かくなるから土曜日には満開だからな」

「新人は買い出しよろしくな〜」

ハルカは今年の4月にこの会社に就職した新人の3人のうちの1人だ。

「ハルカは大学の時レストランでバイトしてたでしょ〜」

「お酒頼むわ」

新人の中でもおとなしい性格のハルカは他の2人の男子に簡単に頼まれてしまった。

帰りに元バイト先のケンさんの所に行こう。

なにか教えてもらおう。

お店暇だといいなぁ。

まだ新人研修中なので定時の17時半には帰れる。

「おー、いらっしゃい!」

リクルートスーツか。あんまり似合ってないな」

自分で言って高笑いをするケンさん。

本当か冗談かよく分からない人だ。

「やめてください」

ムッとしてカウンターに座った。

「ビールとサラダください」

バイト時代からのハルカ定番メニューだ。

「相変わらず変な組み合わせだな」

ケンさんはおかしなものを見るような目で見てくる。

「で、なんだ今日は?もう仕事がら嫌になったか?」

「そんな訳ないですよ。まだ一週間ですよ」

花見の買い出しの事をケンさんに伝えた。

「私がここでバイトしてた事みんなに言ったから期待値が上がってるんですよ」

「そうだなぁ〜」

少し考えて、冷蔵庫から一本のワインを出してきた。

ロゼワインなんてどうだ?」

「えー!かわいい!!でもおっさんたちばっかですけど大丈夫ですかね」

「世間のイメージはロゼワインっていうと中途半端でなんとなく甘そうで飲めない奴が飲むもんだろっと思われているかもしれないけど、ちょっと飲んでみろ」

グラスに注がれたそれは淡いピンクで桜色って言葉がぴったりなワインだった。

香りは赤い果実を潰したような爽やかさがあった。

「いい香り〜!!」

一口飲んで見る。

驚くほど飲みやすいがしっかりとしたぶどうの味がする。

少し甘いのかと思っていたが、喉を通った後にぶどう本来の甘さがある程度で辛口の白と爽やかな赤の良い所をとったような味だった。

「おいしいっ!!」

「だろ?つまみが何か決まってないなら何でも合うワインで行きたいだろ」

確かに脂っこいものでも、このサラダにも合う。

まだ肌寒い季節だからこのワインなら冷やさなくても大丈夫そうだ。

「見た目は可愛くピンク色、中身は辛口のしっかり者、猫かぶったハルカにぴったりだしな」

また高笑いのケンさん。

「フランスでは白ワインよりロゼワインの消費量が多いんだぞ。それくらい人気のあるワインなんだよ。このワインは南フランスの人気の生産者Mシャプティエと言う人が作ったロゼワインだよ」

1本1.000円くらいで買えるとは。

これはみんな喜んでくれそうだ。

このワインが苦手な人は少ないだろう。

週末の花見が楽しみになった。


世界のメダカ館

よく晴れた春のような日だった。

ケンは以前から気になっていた名古屋の東山動物園にいた。

動物園と植物園に分かれており、とても広い。

その日はよく混んでいてやっと見つけた駐車場から土の坂道をだいぶ登ったところから入園した。スカイタワーのふもとだった。

入るとまずゾウガメの小屋があり、10頭ほどがノソノソしていた。

たくさんの子供たちに紛れて楽しんだ。

その奥には『自然動物館』という建物があった。

なにやらよくわからないがとりあえず入ってみる。

いやー!おもしろい!

リスからブタまで。

トカゲからワニまでいる。

亀やワニなどは池や陸地など作ってあり、それを上から眺めるというもの。

本当に豊富な種類の生き物が展示してあり、綺麗に管理されていた。

もう一周したいくらいだったが、連れののぼせたような顔が見えた。確かに暑い…

f:id:suikeinimiserarete:20170330202329j:imagef:id:suikeinimiserarete:20170330202353j:imagef:id:suikeinimiserarete:20170330202403j:image

 

そこから5分ほど歩いたところに今日の目的地の

『世界のメダカ館』がある。

入ると横に長い水槽に日本の田んぼのジオラマが作ってあり、メダカ、フナ、タニシやヨシノボリなんかが泳いでいる。

順路に沿ってジオラマが作ってあり、その前に水槽がある。

絶滅危惧種のタナゴが何種類か泳いでおり、ケンの家にいるタナゴとなにが違うのか検討した。

わからなかった。

メダカ200種類展示されていると聞くと、楊貴妃やらミユキやらダルマなんかの種類がいるのかと思っていたが、実際はもっとディープな世界だった。

聞いたこともない国の「本当にメダカかよ!」って思う個体やカダヤシの仲間だったり、グッピーやプラティなど熱帯魚や売ってそうな種類もあった。

聞いたこともない魚の過密水槽が一面に展示されているのは圧巻だった。

種類も多いが数も多い。

建物の裏手に回ると飼育、繁殖されていた。

メダカは1日に10個以上の卵を産み続ける。

環境さえ整っていればどんどん増える。

過密水槽になるわけだ。

f:id:suikeinimiserarete:20170402090506j:image

メダカだけで一つの建物を作ってしまうとは。

人工的に交配させて綺麗な個体を作る最近のメダカブームとはまた一味違ったメダカの魅力が詰まった建物だった。

 

帰りに動物もサラサラっと見て帰路に着いた。

f:id:suikeinimiserarete:20170402091009j:image

 

 

 

 

 

 

 

鮮やかな黄色の小さな虫のようなもの

真っ白なだだっ広い空間の中でただ走っていた。

「後ろから来たぞ!!、みんなバラバラに逃げろ!!」
ケンの後ろを走っていた子供が鮮やかな黄色の小さな虫のようなものの餌食となった。
「早く走れ!!」
ケンはスピードを緩め大声で子供に向かって叫んだがもう遅かった。
その場に倒れこんだ子供をどうすることも出来ずにケンは全速力で走り出した。
息ができない。
その鮮やかな黄色の小さな虫のようなものは前からも襲って来た。

大量のその中にケンは突っ込んだ。
「うぉぉぉぉ!!!」
がむしゃらに払いながら走った。
しかしそれはケンの鼻や口から入り込みケンを侵していく。
足がもつれ倒れこむ。
息が出来ない。
鮮やかな黄色の小さな虫のようなものを体から追い出すかのような大きなくしゃみを思っ切りした。
「ビャックション!!」

 

ケンは飛び起きた。

 

 

この花粉の時期は寝起きが最悪である。

f:id:suikeinimiserarete:20170322050311j:image

京都を楽しむ 後半《サクラテラスザギャラリー》

冬の京都は日が落ちるのが早く、ホテルに戻ってきた頃にはすでに暗く、受付のたいまつが大げさに燃えていた。

部屋に入るとシンプルながらにセンスのいい居心地の良い内装で、男2人でもまあまあ許せた。
夕食の18時には少し時間があったのでテレビを見ながら明日の準備をした。

時間になり、ケンと2人でレストランに入った。
宿泊料金に含まれている料理のコースは3皿で海の幸5品とスープ、和牛のステーキだった。
ボリュームはそれほどないので、食べた後に何軒かBARを回ろうかと予定していた。

ちょうどいいタイミングでLiveが始まり、ギターと女性ボーカルが心地よく聴かせてくれた。

白ワインと赤ワインをグラスで頼み料理を堪能した。
他にも追加で料理を頼むことができ、一品一品が驚くほど安い。宿泊客だけのレストランにしても不思議だ。
ドリンクのメニューを見てケンが笑っている。
「どうしたんですか?」
タカシがメニューを覗き込んだ。
「これ、本当なんですかね」
「頼んで見ましょうよ。」
そのメニューには全て500円のドリンクが載っていた。
竹鶴17年とジョニーウォーカーブルーをストレートで頼む。

感じのいいウエイターがウイスキーを持って来てくれた。
ショットツィーゼルの感じのいいグラスからそれらは優しく気品のある芳醇な香りを溢れさせていた。
タカシはジョニーウォーカーブラックが好きでよく飲んでいる。
ジョニーウォーカーブルーはそれの延長線上にあると言ってもいいのだが、完璧な香りとその期待以上の味、舌に乗せた時の上質な煙たさ、喉を通した後もずーと続く余韻。いやぁ、美味い!!
ホテルのBARなどで頼むと一杯3000円はする高級酒だ。それが500円で飲めるとは!!


その他、
響ジャパニーズハーモニー。
ロイヤルサルート21年。
ボウモアダーケスト。
メイカーズマーク46。
ブランデーいって、マーテルコルドンブルー。
貧乏性が出てしまい、ここぞとばかりに2人で飲んだ。
今夜はここで飲んでしまいたいとタカシは思っていたが、ケンはそろそろ行こうかと立ち上がった。


夜になり風が出てきた。
酔っているのを忘れてしまうほど寒かった。
駅に行き、地下鉄で烏丸御池まで行き、『京都サンボア』へ着いた。
1925年から続く歴史あるBARだ。
タカシもケンも初めてだった。

f:id:suikeinimiserarete:20170318022006j:image

中に入ると常連のお客さんが2組、マスターと楽しそうに話しをしていた。

「すみません、ハイボール2杯ください」
ケンはタカシの分も勝手に注文した。
わからないでもない、サンボアはとにかくハイボールが有名なのだ。
サントリー角の氷なしのハイボールっていうお決まりのパターンではなく、京都サンボア(河原町店)は竹鶴氷ありのハイボールだった。
グラスに大きめの氷を入れ、竹鶴を結構入れる。多分ダブルくらい(60cc)入っているんじゃないかしら。
そこにウイルキンソンの炭酸を入れる。
今まで、散々高級なウイスキーをストレートで味わって来たが、少し時間も空き、これはこれでまた美味い。
店内は年代物の栓抜きが壁やら梁やらに固定してあった。
思えば栓抜きは世界中にあるわけだし、昔から存在していたから集めてみると楽しいかもしれない。
キョロキョロと周りを落ち着かなく見てるだけでも面白かった。初めてなのに不思議と落ち着くBARだった。


帰りに締めのビールを買い部屋に戻った。

ホテルの中庭には自由に飲めるコーヒーやハーブティーなどが充実してあり、しっかり飲んだ後には嬉しいサービスだった。


次の日、ケンが起きる前に1人で大浴場に行った。
それほど広くもないが、サウナがあるのが嬉しい。
サウナに入り昨日1日のアルコールを飛ばした。

朝食は豊富で美味しく凝った料理のビッフェだった。ヘルシーな野菜料理も多く、疲れた内臓にゆっくり入って行った。大満足だ!

スタッフの方たちも親切で礼儀正しく、たかしの中では五つ星だった。
これが彼女とだったらどんなに最高なんだろうと心から思った。

オープンして間もないからか期間限定のプランだったが、この大満足の二食付きの内容で税込8,800円!
この値段で申し訳ないとさえ思わせてくれた。

京都を楽しむ 前編《錦市場から大原》

その日は朝から雪が降っていた。

タカシは身支度を整えると用意してあった小さなボストンバッグを持ってタクシーに乗った。
駅に着いたがまだ雪の勢いも弱まらず、外での待ち合わせには寒すぎた。
タカシにとって待ち合わせの相手のケンは同じバーテンダーの先輩にあたり、中に入って待つのは気が引けて雪の中外で待つことにした。
風も強く真冬の朝の寒さを痛感し、限界に達しそろそろ中に入ろうかと思ったところへケンがゆっくり歩いてやってきた。
13分遅れだ。
「おはよー。タカシ寒くないの?中で待ってればよかったのに〜。」と改札の方へ歩いて行ってしまった。
笑えない冗談だ。
後ろからドロップキックしてやろうかと思った。


2人は新幹線に乗り京都へ向かった。
明日は2人の友人が新しく開店させるバーのオープニングパーティーがある。
2人は昼から手伝う事になっていた。
それなら前日から行って京都観光しようと飲んでる席で決めてしまったものだから、男2人の一泊京都旅行が開催される事になってしまった。

午前中に京都に着き、とりあえずホテルに荷物を預けに行く。
京都の友人が取ってくれた「サクラテラスザギャラリー」という去年末に出来た新しいホテルだ。駅南口から歩いて5分ほどのところにある。
着いてみると、男2人で泊まるにはオシャレすぎる外観。受付も敷地内に入った屋外にある。
ストーブやたいまつが焚かれ、屋根があるので敷地の外よりは若干暖かい気がする。
ストーブの回りにはソファもあり灰皿が置いてあった。
ここで吸うタバコは美味しいだろうなぁと、やめたタバコを残念がった。
同じ一階にはレストランもあり、生演奏も毎日行なっているらしい。
レストランには壁があり一安心。
一泊2食のプランを予約してあり、ケンと生演奏を聴きながらディナー決定となった。

荷物を預け身軽になった2人は駅で、地下鉄バス一日券を1,000円で買い、地下鉄で錦市場に向かった。
烏丸線で10分程で四条駅に着き、そこから10分程歩き錦市場のアーケードに着いた。
細い通りの両サイドに小さな店がたくさんあり、いろいろ見て歩くにはとても楽しい。
途中で「みやこつる」という日本酒を買い、飲み歩き開始。

f:id:suikeinimiserarete:20170313052536j:image
フルーティーな甘さを強く感じる酒だ。
居酒屋で冷やで飲みたい美味い酒だった。
昼間に外で飲むには香りが強く、気温が低くて救われた。
おばちゃん達がアテを色々試食させてくた。
途中に立ち飲み屋があったので熱燗をいただく。
寒い外での熱燗はこれはこれで美味い。
つまみを2、3皿もらい昼ごはんとした。
グレープフルーツに穴を開け、中だけを攪拌してラムを注いで作るまさにフレッシュフルーツのカクテルをもらい急に南国の風を吹かせた。

f:id:suikeinimiserarete:20170313052604j:image
当たり前だけど雑で本当に美味かった。

お酒も入り温まった2人は錦市場を抜け大原に向かった。
行き先はケンが全て決めている。
タカシは大原が初めてだった。
「ケンさん大原は何があるんですか?」
「苔があるんだよ、苔に覆われた綺麗な庭を見に行くんだ」
この人は本気なのか冗談なのかよく分からない。
男2人でバスで30分かけて雪もちらつく中、苔を見に行くって…。

30分後大原のバスターミナルに着き、呂川に沿って坂を上って行く。
坂の途中に柴漬けの店があり、おばちゃんに試食を何種類かもらい、大根の柴漬けをお土産用にもらう。
ほんと美味しかった。
10分程歩いて三千院の立派な門が見えた。
受付を済ませ、靴を脱いで建物を回る。
この時期の板床は氷のように冷たい。
庭に出ると緑の絨毯に雪が所々積もっていて光を反射している。
ケンさんが見たいと言っていたのも分かる。
「苔ってこんなに綺麗なんだ」
溜息のように思わず言ってしまった。

f:id:suikeinimiserarete:20170313052721j:image
苔の中には小さく可愛らしいお地蔵さんもいて、思わず笑顔になっていた。
こんなに素敵な場所なのに人が少ないのもまたいい。
ゆっくり歩き1時間くらいかけて一周した。
ケンさんは苔の写真を撮り、池を覗いたまま動かなかったりしていた。
夕方になってたのでまたバスで京都駅まで行きホテルに戻った。

これから京都の夜を楽しもうとタカシはワクワクしていた。