水景に魅せられて

お酒やアクアリウムなど

サーモス缶ホルダー

夏の終わり、まだ暑い昼の最中ケンは河原に降りた。
今年は夏らしいイベントをしていかったので友達を誘いバーベキューをすることにした。
急だったのでいつもの顔ぶれが6人ほど集まった。


車から用具一式を出したところで誰かが言った。
「とりあえず飲もうー」
暑くてたまらないのでクーラーからビールを取り出して配った。
乾杯をして喉を鳴らして飲んだ。
「うまいなぁ!!」
外で飲むビールは最高だ!
ケンは飲みかけのビールの缶をサーモス保冷缶ホルダーに突っ込んだ。

 

f:id:suikeinimiserarete:20170906190656j:image


そばで見てた裕子が
「何それ?」
と不思議そうに見てる。
「これ、はめておくとぬるくならないんだ」
けんはみんなに聞こえるような声で言った。
みんなの視線がケンのビールに集中した。
「なんかお前ずるいな」
バーベキューコンロの足をはめながら雄二が冷たく言うとみんながそれに賛同する声をあげた。


「そう言うと思ってね。」
ケンは車からいろいろな色の缶ホルダーを5つ持ってきてみんなに渡した。
「おおー!」と感嘆の声が上がり各自自分のビールをはめた。
「これそんなに効くの?」
裕子がケンに聞いた。
「俺は毎日使ってるよ。飲み頃の温度がずっと続くから重宝してるんだよ。風呂に持ち込んでもぬるくならないんだ」

実際ケンは普段家でビールを飲む時の他に風呂に水を持ち込んで飲んだり、車の中のドリンクホルダーを使う時に持ち込んだりして使っている。

100%の保冷ではないかもしれないが、缶の他にもペットボトルやホットのコーヒーなんかにも使っている。

もうこの缶ホルダー無しの生活は考えられない!

と思うほどどっぷりはまっている。


得意げにケンが言うと
「誰のかわからなくならないからちょうどいいね」
と雄二が色の多さを褒めた。

 

1時間後、
「すごい!びっくり!まだ飲める!」
材料を切り分けていた裕子が久しぶりにビールを飲んだのだろう。
この気温の中置いておいたらぬるくて不味くなる所だ。

みんなかなり気に入ったみたいだ。
帰りは各自お礼を言って持って帰ってしまった。

 

おいこら!

 


 

花火とフローズンダイキリ

夜空一面に広がる色とりどりの光

「ドーン!!」「バリバリバリ!!」

地響きのような低い爆発音から周りの建物に反射して無数に散らばる亀裂音

蒸し暑い人の群れの中に翔太は弥生と手を繋いぎ空を眺めていた。

弥生は着せてもらった青竹の涼しげな浴衣を着て花火の光を正面に受けていた。

「キレイだね〜!」

 無邪気に笑う弥生の横で(お前の方が綺麗だよ)と心の中で呟く。

言えるはずもない。翔太は女性とデートをするのが初めてなのだ。

同期入社した16人の中で専門学校卒の2人は同い年ということもあり何かと行動を共にした。

美人なタイプではないが笑顔が華やかな弥生を翔太は好きだった。

そんな弥生から花火に行って見たいから一緒に行ってと言われ

「別にいいよ」

とカッコつけて今に至る。

 

人混みをかき分けて歩く最中、

「混んでるから繋いでて」

と、弥生から手を繋いで来た。

 

はじめて繋いだ手は小さくて柔らかかった。

一度離したらもう繋げないような気がして翔太は絶対離すものかと心に誓った。

 

屋台でかき氷を食べる。

熱くなった身体を爽やかに冷やしてくれるレモン味だ。

「あたし、かき氷大好きなの。家でも作るんだよ」

そんな弥生は抹茶味だ。

「家では甘いお酒をかけて食べたりするんだよ。美味しいよ。」

翔太は弥生がかき氷を作ってるところを想像した。

かわいいかき氷機なんだろうな

「美味しそうだね。弥生ちゃんお酒好きなんだ」

翔太は先週末行ったケンさんの所のフローズンダイキリを思い出した。

「そんなに強くないけど甘いのが好き」

と弥生。

「僕がたまに行くバーでかき氷みたいなカクテルがあってすっごくおいしいんだよ」

翔太が言った言葉に弥生が立ち止まって振り向く。

「なにそれ!飲んで見たい!」

 

時間配分を間違えたかのような怒涛のクライマックスで空は感動と煙に包まれた。

翔太と弥生は人の波に流され電車に乗った。

電車を降りケンのレストランに向かった。

まだ弥生の手は離していなかった。

 

「いらっしゃいませ!」

「さっき電話したものです」

カウンターに案内されケンと目が合う。

花火の後の客でにぎわい始めた店内で忙しそうにしていたケンの動きが止まる。

「翔太!花火デートとはやるじゃないか!」

翔太はこのカウンターに女の子と二人で来るのが夢だった。

ケンに褒められたようで嬉しかった。

「会社の同期の弥生ちゃんです」

勝手に紹介してしまってから横をチラッと見る。

弥生は慣れた感じで

「初めまして、よろしくお願いします」

と言った。

「今日はフローズンダイキリを飲みたくて来ました」

と翔太は忙しそうに手を動かしているケンに伝えた。

「今日だと季節的に桃と巨峰かあるけどその2つでいいかな?」

翔太は横に目をやると、弥生はウンウンと頷いている。

「はい、お願いします!」

 

フローズンダイキリとはラムベースのダイキリというカクテルの変化系でダイキリと比べると甘く飲みやすく作ることが多い。

ケンのフローズンダイキリは、凍らせておいたフルーツ、ラム、シロップ、クランベリージュースと砕いた氷をブレンダーにかけて滑らかなシャーベット状にする。

f:id:suikeinimiserarete:20170824095320j:image

カウンターに並べられた2つのグラスに弥生が興奮して写真を撮っている。

「美味しそー!あたし最初桃飲んでいい?」

とストローをくわえた。

「おいしー!」

翔太も巨峰をストローで飲んだ。

ふわふわの氷の粒が軽いアルコールの香りと爽やかな巨峰の甘さを包んで一気に口の中の渇きを癒した。

弥生は巨峰も飲んで見たいと桃をこちらにスライドして来た。

巨峰を弥生の前に置くとストローで飲んだ。

完全に間接キスだ。

翔太も少し躊躇したがストローで桃を飲んだ。

巨峰よりも甘く優しい味に思わず顔がほころぶ。

喉の渇きもあってか2人はあっという間に飲み干した。

「翔太くんすごい!ほんとに美味しかった!」

興奮と満足感とアルコールがが弥生のテンションを上げて行く。

そのあと翔太はハイボールを飲み、弥生はミルク系のカクテルを飲んだ。

弥生の顔が赤く染まっている。強くないと言っていたのは本当らしい。

 

 

「今日はありがとね」

急に弥生が改まって言って来た。

「ううん。ありがとう!楽しかった」

弥生の顔を見ること出来なかったが素直に言えた。

「あたしね、会社辞めて結婚するの」

情報が急すぎて翔太は処理できなかった。

「えっ!どういうこと!?」

弥生を見て聞き返した。

弥生は正面を見て続けた。

「会社にはもう言ってある。彼が転勤で東北に行くから、結婚して付いて来てほしいって。就職したばっかりだから迷ったんだけど、またあっちで仕事探そうっと思って。」

弥生に彼がいるとは知らなかった。ショックだ。隣にいる弥生との距離を感じた。「嘘だよ」と笑ってほしい。

何も言葉が出てこない。

「最後に翔太くんと遊べてよかった。あたし、翔太くんの事好きよ。優しくて真面目で」

弥生は笑って言った。

 

翔太にとって産まれて受けた初めての告白は両思いだった。

 

 

 

 

 

 

 

ソーラーパワーのブクブクを侘び草ビオトープに

 

「あっれー?おっかしいなぁ」
「こんなに少なかったっけ?」

ケンの家の玄関先にある侘び草ビオトープに住んでるメダカの数である。

確かに減っている。


何か対策を取らなければ。

思い当たる要因はこの猛暑による水温の上昇。
それに伴う酸欠。
またはヤゴ。

午後の1番暑い時間に直射日光が当たるので水温の上昇は避けられない。

玄関先なのでコンセントもないときてる。

 

そこでこんなものを探して買って見ました。



みなさんのレビューを見てみると、結構多くの購入者があまりいい評価をしていませんでした。
使い方かな〜〜?って思って良い評価を参考にして購入。

まだ直射日光が当たる前の午前中にソーラーパネルを置き、エアーボンプもセッティング。

f:id:suikeinimiserarete:20170719130322j:image

f:id:suikeinimiserarete:20170719130333j:image

同梱されていたエアーストーンも入れて、スイッチオン。

 

………

 

ぷくっともならない。

このエアーポンプは蓄電できるタイプだからかはじめに充電しないといけないのか。

そもそも説明書がない。

USBから充電できるので2時間ほど充電した。

多分どこかにスイッチらしいものがあるはずなんだけど。

これかな?

カチッと音はするんだけど。

長押しかなぁ?

 

「おおぉぉ〜!!」

f:id:suikeinimiserarete:20170719130157j:image

出た出た!! 

なかなかの勢いでいい感じだ!!

メダカたちも初めての水流に戸惑っているのか喜んでいるのか水面近くに集まってきた。

 

2時間ほどで約20時間ブクブクした後果てた。

 

今ではソーラーパネルは閉まってしまった。

防水でもないので、雨が気になるし、夜中に充電して朝スイッチオンすれば一日中頑張ってくれるし。

 

充電式のブクブクを買ったと思えば。

これでメダカたちが快適に生活してくれれば。

 

これでよかったのだ。

 

いい買い物だった。

 

 

 

 

美味しいモヒートの作り方

真っ青な空が広がっていた。

風もなく、梅雨独特の重たい空気が漂っていた。

まだ蝉は鳴いておらず、ワタルの住む住宅地は土曜日の夕方というのにとても静かだった。

「あっついな」

玄関から出ると思わず溜息のように声が出る。

七分袖のジャケットを脱ぎ駅に向かって歩き出した。

携帯を取り出してユミコとのLINEのやり取りを見返す。

カラフルなスタンプがふざけている。スクロールして今日の待ち合わせの時間を確認する。

時計を見て少し速度を速めた。

 

ワタルは半月前、婚活パーティーでユミコと知り合い、やり取りを繰り返しやっとデートに誘えた。

活発でよく笑う可愛らしい27歳の彼女はパーティーでも目立っていてワタルは最初から彼女が気になっていた。

 

たまに行くケンさんのお店を予約してある。少し緊張して来たがワタルは営業の仕事をしているので話をするのは得意な方だと思っている。

 

5分ほど前に待ち合わせの場所に着くと、ユミコはもう来ていて、笑顔で手を振っていた。

 

ワタルはユミコよりも5つ上の32歳、一年前に6年付き合った彼女と別れ、長い間引きずった。

 

久しぶりのデートに久しぶりの恋が始まりそうだ。

 

店の前に行くとユミコは来たことがなかったらしく期待感を表現しようとしていた。

中に入るとケンさんが出迎えてくれた。

いつもはカウンターに座るが今日は向き合って座るソファ席にしてもらっていた。

意地悪そうに笑うケンさんに『やめて下さいよ』と目で合図する。

ソファ席には小さな水槽がありカラフルな小さな熱帯魚が涼しげに泳いでいた。

ケンさんの趣味なのかな?

似合わないなと鼻で笑った。

 

ユミコはビールが苦手らしく、何を注文しようか迷っていた。

ワタルはケンさんのモヒートが好きでミントの置いてある時はよくモヒートやミントジュレッブを飲んだ。

「ミント大丈夫ですか?ここのモヒート美味しいですよ」

ユミコは頷き、ワタルはビールとモヒートを注文した。

f:id:suikeinimiserarete:20170712091318j:image

2人のテーブルに置かれたモヒートを飲み、ユミコは「美味しい〜!!」と笑顔だ。

ワタルも自分の手柄のように喜んだ。

 

ケンさんにモヒートの作り方を教えてもらったことがあった。

ワタルの家で母親がミントを育てていて結構な量が採れるからだ。

 

ミントはスペアミントとペパーミントを葉っぱだけにちぎって茎は捨てる。

スペアミントは上品な香りでペパーミントは野生的な香りがする。合わせることでいいバランスになるとケンはいう。

葉っぱ30枚ほどグラスに入れ、ソーダ水を10mlくらい入れてペストルで潰す。すりこぎのようなものでもいいが摺る(する)様にではなく叩くように潰す。

レモンとライム共に1/8カットにしたものを入れ、皮の苦みも出す様に軽く潰す。ゴールドラムという少し熟成色がついたラムを45mlいれ、シロップを10mlいれてよく混ぜる。クラッシュアイスをグラスに詰めてまた混ぜる。

グラスの中のラムが冷えたら、冷えた炭酸水をいれてスプーンなどでグラスの下のラムやミントの葉を上に持ってくる様に混ぜる。

飲むときにミントの葉や氷が入ってくるのが嫌ならストローをつければいい。

これで完成だ。

 

ワタルも何度か家で作ってみた。

作る人によって味が大きく変わるカクテル。

お店によって違う楽しいカクテルだ。

ユミコも気に入ってくれた様だ。

「今度はワタルくんのモヒートも飲んでみたいな」

軽く赤らめた顔でストローをくわえながら、上目遣いでワタルを見てくる。

 

ワタルはビールを一気に飲み干した。


 

 

 

 

 

 

 

石組み苔アクアテラリウム水槽でトビハゼを飼う【その2】

ケンが飼い始めたトビハゼは全部で5匹。

 

前回紹介したボスは目つきが悪く名前もそのまま「ボス」。

しかしそのボスも戦力争いで負け、今水槽を牛耳っているのはかわいい顔した太めの坊や「ラスボス」だ!

他の子達は「ザコ」。

f:id:suikeinimiserarete:20170621100954j:image

 

朝や、帰宅した時など顔を近づけるとエサをくれると思うのか寄ってくるが「ザコ」たちは近づくのも許されない。いたたまれなくなり早くもリセット。というか配置変更。

 

トビハゼが好きな場所は平らな少し濡れているところ。

人目が避けられてるそういうところをたくさん作ってあげれば快適な穏やかな生活が送れるのではないかと思い、50×60×100のレンガを重ねて石を組む。インターネットで購入した輝板石は平らで彼ら好みのはずだ。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

形状お任せ 輝板石 Lサイズ 1枚 国産品 関東当日便
価格:600円(税込、送料別) (2017/6/21時点)


 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

形状お任せ 輝板石 Mサイズ 4枚 国産品 関東当日便
価格:890円(税込、送料別) (2017/6/21時点)


 

フィルターはとりあえず水を持ち上げるGEXのF1と水作の投げ込み式。


 

GEXのF1を横に倒しニッソーの分水器を取り付け輝板石を常に水が流れているようにホースを持ってくる。(なかなか難しい)ウィローモスを水の出口に置きその上に近くの園芸ショップで購入した苔を乗せる。なんか茶色い所もあるがそのまま置いてみる。

浮き草も入れて休むところを作った。

f:id:suikeinimiserarete:20170621101033j:image

 f:id:suikeinimiserarete:20170621101053j:image

ラスボスが一番高い所を陣取り、ボスが濡れた輝板石の上に横たわる。

f:id:suikeinimiserarete:20170621101524j:image

お互いは見えなくなった。

ザコたちもそれぞれ小さいながらも休める場所を見つけ暮らし始めた。

 

少し塩が入った水で苔や水草は生きていけるのか?

初めての試みでうまく行くか楽しみな手のかかる水槽になった。

 

 

 

石組み苔アクアテラリウム水槽でトビハゼを飼う【その1】

ミナミトビハゼを弱汽水水槽で始めた。

すっごいかわいいのでずっと欲しかっただ。

 

インターネットでは売っているんだけど、実際に見て買いたいなぁと思ってた。個体差でやっぱり顔の可愛さとかもあるし…

行ける範囲の魚を扱っている店に片っ端から電話して聞く。

全滅…

 

高速を使って行ける範囲を広げてみたところ2時間半かけて行けるところに5匹居るとの情報が。

 

インターネットで1匹1,000円くらいだし。

高速の往復で4,500円くらいだし。

ショップで買っても1匹500円から1,000円くらいだし。どうしたものか。

 

迷った挙句、車を走らせ見て買うことに。

 

狭いプラケースに仲良く暮らしてるトビハゼを引き取り一応水あわせを。

 

これから暮らしてもらう水槽は60センチの弱汽水水槽。

石とレンガで陸地を作った殺風景な石組みアクアテラリウム

 f:id:suikeinimiserarete:20170620105048j:image

(写り込みが激しくてすみません)

水の中に住む魚に比べて水質に敏感な訳ではなさそうだが、個体差で大きさが少しづつ違うので上下関係が厳しい。ショップではあんなに仲良くしてたのに…

 

ボスが決まった!

f:id:suikeinimiserarete:20170620104243j:image

 

トビハゼたちは目がいいらしく、自分より小さく弱い子がいると目が会うだけで威嚇し追いかける。

性格はかなり悪い。

 

見た目だけで彼らを選んでしまいました。

彼らがこんなに性格が悪い魚だったなんて。

 

水槽のレイアウトを変えて一人一人が安心して暮らせる環境にしなければ。

 

 

 

 

【その後】シラクラさん風レッドビーシュリンプ 立ち上げから2週間

ちょうど2週間前、レッドビーシュリンプのブリーダーでもあるシラクラさんのブログを参考にシラクラさんが販売されている商品でレッドビーシュリンプ水槽を立ち上げた。

 

シラクラさん風レッドビーシュリンプ水槽 - 水景に魅せられて

 

ケンの家ではその後どうだったか。

 

立ち上げ前、30㎝の水槽に9匹のエビがいて、引越しの時に3匹抱卵中だった。

今までは抱卵はするんだけど、増えないという悲しい状況だった。

立ち上げから2日後、4時間ほどかけて水あわせし、新居に引越しを完了した。

水槽にあるのはモスだけ。何にも活着もさせていない。

f:id:suikeinimiserarete:20170523095609j:image

引越し当日、2日目はみんなモスに隠れて出て来なかった。でも、水質の変化でも1匹も亡くならなかった。立ち上げ2日目で亡くならなかったのは驚きだった。

とりあえずエサはあげなくてもいいということだったが、3日目に、弱り出した子を襲って食べ出した子がいた。目の当たりにしてしまったので「こりゃいかん!!」ということで、

レッドビーバクターを買い、入れた。


 

皆さんすごい食いつきで、2日ほど大人気だった。

ご飯はあげたほうがよかったかもしれない。

一気に元気になった子たちは水槽の中を歩き回るようになった。まだあまり泳いではいない。

 

立ち上げから1週間。

稚エビの姿が!!

およそ10匹くらいか。小さくて探すのが大変だが、確かに動いている。

きっとご飯ないのだろう。

早速調べ、「微生物の素」を買い、入れた。


 

なんだかよくわからないおからのような細かい粉を水槽に入れると床全体にパラパラと落ちていく。

きっと微生物のエサになるのだろう。

 

抱卵してた子が3匹いたので、今では稚エビがきっと30匹くらい居る。1週間ほど元気にやっているので、このまま大きくなってくれそうだ。成長もとても早い!

 

親エビたちも食べられちゃった子以外は誰もいなくなっていないので、ケンの家ではシラクラさん風水槽は大成功だった!

 

昨日くらいからガラス面に苔が生えて来た。

絶対に食べきれない量なので取ってあげないといけないな。

 

早く生態系できないかなぁ。

殺風景な水槽はやっぱり寂しい。

ガマンガマン!!