水景に魅せられて

お酒やアクアリウムなど

シラクラさん風レッドビーシュリンプ水槽

青々とした水草にの上を這うように動く赤と白のバンドのエビが可愛くて、ケンの家では1年前から飼っている。

レッドビーシュリンプ

模様によっては高額で取引されていて、ブリーダーと呼ばれる模様のグレードを上げるように繁殖されている小型のエビだ。

ケンは今の所グレードにこだわっているわけではなく、赤と白の模様が好きで飼っている。

初めて飼った時はすぐに全滅した。

色々調べてなんとか生きては行ける状況を作ることは出来たが、子供が産まれたのは2回だけで、その子供が生存したのは2匹だけだった。

30㎝の水槽で飼っていたのだが、減った水を足すだけで水質が変わって死んでしまうという敏感肌。

夏場は特に水温も上がって水もよく蒸発する。

そこで今回は60㎝水槽を買って、エビが繁殖してくれるように揃えてみた。

60㎝にすることによって水量が増え、水質の変化が少なくなるので敏感肌のエビにも影響が少ないらしい。

30㎝水槽は約12リットルで、60㎝水槽になると約60リットルと入る。

ほぼ5倍!期待しよう。

ブリーダーのシラクラさんのホームページを参考にさせていただいて、この通りにやってみる

http://shirakura.shop-pro.jp/?mode=f19

 

まずは水槽。

今回はエーハイムのグラス水槽を購入した。

オールガラスで3,280円!やすっ!


 

それにニッソーのバイオフィルターという底面フィルターを設置。

今回は60㎝水槽なので、パイプは2本。

エアーポンプで動かすタイプだ。

f:id:suikeinimiserarete:20170509122538j:image


 

その上にソイルと呼ばれる床材を入れる。

これはシラクラさんが販売してるレッドビーサンドを7㎝敷く。

8キロと4キロ買って、10キロ必要だった。

f:id:suikeinimiserarete:20170509123006j:image


 

カルキ抜きした水を入れたらエアーポンプに繋いでフィルターを動かす。


 

照明も設置して一応セット完了。


 

殺風景なエビ水槽が出来ました。

シラクラさんが言うには3ヶ月くらいして、安定したら水草とか飾りを入れていいらしいので、それまではガマン!!

f:id:suikeinimiserarete:20170509123358j:image

明日一旦水を替えて、明後日エビを入れます。

元気に生きていってくれるかな?